×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

接触事故 内容証明 裁判

訴訟本は弁護士の広告代わり?

接触事故 内容証明 裁判

素人向けの法律書というのは、「必ず勝てる〜」とか、「こうすれば賠償される〜」などの派手な宣伝文句で飾られた市販の法律本のことです。つい、手を伸ばしたくなるほど、面白おかしい表紙になっているのもありますよね?

しかし、そんな本を手にしたところで解決しましたか? それで解決するなら弁護士などいらないわけですよ。読み物としてなら面白いかもしれません。実際に手続きにしたがって、書類を書こうとすると果たして書けるでしょうか? ものすごく難しいはずです。

証拠ひとつとっても、証拠になるものの範囲が分からない。境界線が分からない。そもそも法律用語の読み方が分からない…。こんなことが次々と出てきます。

逆に弁護士に頼むしかないのではないか? などという気持ちがもたげてくるのです(すでに話していますが、弁護士を頼っても一蹴されることがあります)。

わたしは別件で、弁護士の相談を受けたことがあるので、そのとき、どんな様子だったかをお話しします。


続きはこちら

サイトマップ